トップページ

    このサイトではベンツCクラスの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「ベンツCクラスの買取相場を調査して高く買い取ってくれる車買取店に売りたい!」と思っているならこのページに掲載しているオススメの車買取店を利用してみてください。

    ベンツCクラスを高額買取してもらうために大切なことは「複数の車買取店で査定の依頼をする」です。
    1社のみとか家の近くにあるメルセデスベンツの正規ディーラーで下取りを頼もうと思っている場合は確実に損をするので注意してください。

    車買取の一括査定サービスなら2分位で入力できるので簡単です。複数の車買取店からの査定額を比較できるので、ベンツCクラス(Mercedes-Benz)の買取相場をサッと調べられます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、有名企業のリクルートが運営する中古車高額買取のための一括査定サービス。車を高く売るならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい知名度抜群なので安心感が違います。

    提携業者も1000社以上と圧倒的ナンバー1!最大50社までベンツCクラスの買取査定が可能です。
    中古車一括サービスは申し込むと複数の買取業者から電話があることが多いのですが、カーセンサーの場合は連絡方法をメールのみにすれば電話連絡が来ないのが特徴です。

    当然ですが、全国対応で利用は無料。「できるだけ高く売りたいからベンツCクラスの買取相場をチェックしたいけど、電話はちょっとなあ…」という場合はメールのやりとりで査定額が分かるカーセンサーがおすすめできます。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐにあなたが大切に乗っているベンツCクラスの買取相場が分かるだけでなく、個人情報が他社に流れないので、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという安心して使える一括サービス。
    オークション形式で最大2000社の買取業者が概算価格を入札するので、高級車のベンツCクラスを高く売れる車の買取業者が分かります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、申し込むと複数の会社から電話が入るのが利用の流れだったのですが、ユーカーパックを使った場合は電話連絡は1社からのみ!電話対応に時間を取られることもないですし、しつこいセールスを心配する必要はありません。

    ベンツCクラスの実車査定も自宅かガソリンスタンドでの1回のみです。電話連絡も査定も一度だけで買取業者の約2000社が入札で買取価格を表示してくれるという今話題の新サービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車一括査定サービス。わずか45秒もあれば入力ができますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の買取相場が表示されるので、「簡単に数年落ちのベンツCクラスの買取相場が知りたい」と感じているならおすすめです。

    依頼申し込み後はいくつかの買取店から電話連絡が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通っている優良買取業者だけが登録しているので、強引な営業をされることはありません。

    買取店から電話がかかってきた時は1回の査定で売ることを決定せずに、いくつかの買取業者に査定の依頼をすることで長年乗ったベンツCクラスでも高価買取の可能性が高くなります。
    約10社の業者がベンツCクラスの買取査定をしてくれるため、最高の買取価格を出してくれた会社にあなたが大切にしてきたベンツCクラスを売却しましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すれば中古車の査定相場が分かる数少ない一括査定サイトの一つ。提携企業は約200社以上、複数の業者が高級車のベンツCクラスを査定してくれます。

    少しでも多くの買取業者に査定してもらうことで買取業者ごとの査定額を比べることが可能になるので、複数の買取業者に依頼をして数年間大切にしてきたベンツCクラスを少しでも高く売りましょう。

    累計利用者数100万人以上の実績もありますし、カスタマーサポートも用意されているので安心して利用することができます。






    外車王

     外車王は、その名前を見ればわかる通り輸入車や外車に特化した外車買取店です。15年以上、輸入車や外車を扱ってきており、年間の取扱車両は外車・輸入車だけで約1500台。全国に対応していて出張査定の費用はかかりません。

    外車王は外車に特化した中古車買取の専門店なので、ドイツ車のベンツCクラスなら他の買取業者より高く売ることができることも多いです。
    ですので、ドイツ車のベンツCクラスを売るなら最初にランキング上位の車買取一括査定サービスを利用して概算買取価格を比べてみてください。

    いろいろな買取専門店に査定額を出してもらった後で、最終的に外車王に買取査定をお願いするのがおすすめです。買取相場よりも高い買取価格を提示してくれた時にはあなたが大切に乗ってきたベンツCクラスを売却しましょう。







    多くの買取業者に査定をお願いする事を俗に相見積もりといいます。

    相見積もりを自宅などに居ながらにして出来るのが、インターネット上の中古車一括査定サイトです。

    それに加えて、相見積もりという言葉の意味には、複数の買取業者に同じ日の同じ時刻に現実的に車を見積もってもらい、皆で一様に査定額を提示してもらうというケースもこれに相当します。

    これを嫌がる買取業者も中には存在しますが、大部分は相見積もりをOKして貰えることでしょう。

    プロのスキルを持った中古車査定士にはいい加減な嘘をついても瞬時に分かるので止めた方が良いでしょう。

    良くあるケースでは、事故歴や修理歴のある車なのに、これらが理由で低い見積もりを出されたくなくてでまかせを言っても確認すれば判明します。

    さらに、嘘をついたことが原因で査定担当者と信頼関係を築こうとしてももう手遅れです。

    嘘をついていたことがバレて、一般の査定額よりも厳しめになってしまうことも考慮されますから、修理歴などについても包み隠さずにはっきりと申告しましょう。

    オンラインを通じてどこにいても自由に中古車の価値を見積もり可能なのが中古車一括査定サイトのメリットの一つですね。

    連絡先や査定したい車の情報を記載すれば時間もかからずに数多くの会社からその車の価値を査定してもらえて、これから売ろうとしている車の現時点での相場を知ることができるのです。

    車種などの詳細情報以外の個人情報を入力したくない場合には、無記名で利用できるサイトもあるようです。

    総走行距離が10万kmを超えてしまった車は、中古車市場では過走行車というカテゴリーになり、査定サイトなどを使って売ろうとしてもタダ同然になることが多いです。

    見えない故障などのリスクを懸念して値付けができないのは、事故車も過走行車も共通しています。

    こうした車は普通の中古車と同じ売り方をせず、事故車や多走行、過走行の車の取扱いを専門的に行っている業者に相談するという手があります。

    あるいは次の車に乗換える際にディーラーに下取りに出すと、そこは商売のしどころですから、買取りよりは高値をつけてくれるかもしれません。

    業者が提示した買取額で了解し、これから契約書にサインして売買手続きを進めるとなると、売主が用意しなければいけない書類がいくつかあります。

    また、軽自動車は認印で契約できますが、普通乗用車は実印と印鑑証明書が必須といった違いがありますから、気をつけてください。

    普通車でも軽でも必要なものといえば車検証で、あとは自賠責保険証、リサイクル預託証明書、最新の納税証明書の原本が必要です。

    契約書に押す印鑑は、普通乗用車であれば実印ですから印鑑登録証明書も必須ですが、軽自動車はスタンプ印以外であれば認印で構いません。

    よって印鑑証明書も不要です。

    たいていの買取業者は夕方以降の暗い時間帯にも構わず、査定依頼に対応してくれます。

    明るい昼間より夜間の査定のほうが車体のキズが見えにくいので、高めの査定結果になりやすいといった噂もありますが、質の高いLED照明などが普及した現在では眉唾な話です。

    平日の査定となると夜間の指定は珍しくありませんが、なるほど夜間は光源が乏しく、天気の悪い日には見にくいというのは事実ですから、不慣れな査定士だと多少の見落としはないとは言えません。

    ただ、それはあくまでも可能性の話です。

    それに、車が綺麗な場合には晴天のほうが見栄えがしますし、どちらが良いとは一概には言えません。

    車の売却についての一連の流れを説明すると次のようになります。

    最初にウェブから査定を依頼し、現物確認なしの仮査定額をチェックします。

    次に業者が来て実車査定を行い、実際の査定額(買取額)が提示されます。

    金額に不満があれば断ってもいいですし、交渉して満足な価格になったところで契約書を交わします。

    引取日が来たら車を買取業者に引き渡し、先方による書類上の手続き等を経て業者から売却代の振込があるのが普通です。

    愛車を手放そうとして買取に出すときには、タイヤの溝の磨り減り具合も査定項目の中に入っているため、溝が磨り減っているとマイナス査定になります。

    しかし、売却する前に新品のタイヤに変更しても購入費用以上に査定額がアップすることはないでしょうから、新しくタイヤを変える必要性は皆無ですね。

    しかし、タイヤがスタッドレスの場合には、実際の見積もりに出す前に通常のタイヤに戻しておいた方が良いでしょう。

    スタッドレスタイヤは時期や季節によって需要の有る無しがハッキリしているために、査定額が下がってしまう原因になるのです。

    近年利用する人が多くなったウェブ上の無料中古車一括査定サイトは、自動車を売ろうとするときにはかなり便利です。

    中古車の無料一括査定サイトを活用すると途端に車を売るように勧める電話攻撃が始まるでしょうが、不要な買取会社へは「すでに売却済みです」と言ってしまうことで売却を勧める電話を止めることが可能になります。

    査定してもらった業者のうちで売却予定の車に対して高く見積もってくれた数社を選び、実査定を受けてみましょう。

    しかしながら、査定相場よりもやたら高い金額を示す業者は何か裏があるかも知れませんので気を付けた方が良いでしょう。